脱サラ・副業推進派のブログ

副業から脱サラした人のブログです。起業時の悩みやビジネスでの考え方について少しでも参考になればと思います。

脱税問題について。

今日は最近相次いで問題になっている脱税の問題について書いていきます。

 

*今日は諸事情により写真無しで失礼致します。

 

 

最近で最も話題になったのは「三崎優太氏」「カルロス・ゴーン氏」

このお二方かなと思います。

どちらもメディア側では「悪者」として取り上げられていますよね。

実際のところを書いていきます。

 

・三崎優太氏について

彼は脱税で逮捕、起訴という風に報じられていますがこれは合ってます。

ただ、この事実に驚く方が居るかもしれません。

 

納税金額14億4千万円。

 

どうでしょう。

 

起訴された分の税額は1億4千万円。

ちょっと勘付いた方が居るかもしれませんがなんかおかしいですよね。

この納税額からすると1億数千万円というのはちっぽけな金額ですよね。

いろいろなブロガーさんが綴って居るように様々意見があると思いますが、結論から言うと私は内部からの操作が何かしらあったのではと思います。

 

だってこの金額ですよ。笑

 

この納税額で10億分申告していないとなるとそれは意図的かもしれませんが…

 

私的には納得が行かないです。

 

彼は現在も様々なビジネスの立ち上げで確実に結果を残しています。

ググってみたら分かりますが、半端じゃないです。

私はこの意見からもご察しの通り三崎さんは物凄いプレーヤーだと思ってます。

 

今後も様々驚かされていくんじゃないかなと感じています。

 

・税金について

税金は皆さんご存知の通り国に納めるお金です。

サラリーマンの方は一概に言えはしないですが面倒くさい物という認識があるかと思います。

 

私は最初ビジネスを始めるときに仲間を募集していました。

サラリーマンの人を中心に誘っていたのですが皆何故か最初に「扶養が」とか「申告が」って言いました。

私は「稼いでから考えろ」と一貫して言ってきましたが一緒にビジネスを始める人間は居ませんでした。

なんだか寂しいですよね。

 

ということでビジネスを始めた訳なのですが、実際に税金の申告は…

 

「面倒でした」

 

 

 

 

ただ面倒なのは1年目だけでした。

というのもまずどう言う感じか分かっていなかったからです。

もうこれはしょうがない事です。

自分の扱っている商材の経費はどんな物が対象になるのか

これだけ抑えておけば良いんですよね。

 

2年目からはスムーズに行きました。

いくら事業を拡大したり、色んな事をやっても大丈夫です。

 

税金の申告は、口座を連携させてあとは申告ボタンを押せば自動で書類が作成されます。

これは使わないと分からない便利さですね。

 

こういった便利な時代になっているので脱税などのニュースがあったからと言って自分を止めるのではなく、「まあなんとかなるっしょ!」くらいのスタンスで挑めば良いかなと思っています。

 

皆さんも、まず何とかなると思って色々やりましょうね。

そしていつか私と何かやりましょう。笑

 

きょうはこの辺で。

また。